診療予約

アクセス情報

矯正歯科

口元から美しく
心も体も健康に

矯正歯科

矯正歯科治療で美しい口元に

患者様にとって、⻭並びの悩みは様々です。
外見への影響だけではなく、⻭周病や虫⻭のリスク、体への影響を及ぼすこともあります。
当院では、患者様の悩みをしっかりと丁寧にヒアリングさせていただき最善の治療法をご提案させていただきます。

一人一人の症状に合わせて最適な矯正⻭科治療を行い、精度の高い⻭並びに仕上げさせていただきます。
⻭並びに悩みがある、気になる場合は、矯正治療を検討してみませんか。
綺麗な口元を手に入れられた患者様の笑顔を拝見することが、私どもの喜びです。

当医院の矯正歯科治療の種類

大人の矯正歯科治療

大人の矯正は、子供の矯正と同じように、歯並びや噛み合わせを正しく整え、見た目と機能を改善することが目的です。 大人の歯列矯正はいつでもはじめることができます。
歯並びが悪いと、歯と歯の隙間に歯ブラシが届かず十分に歯磨きができません。そのため、虫歯や歯周病が進行しやくなります。

歯並びの改善は長い目でお口の健康を守ることになるので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

子供の矯正歯科治療

子供の矯正治療は、乳歯のみの時期、乳歯と永久歯が混在している時期の「第1期治療」と、永久歯がすべて生え揃った後に行う「第二期治療」に分かれます。 成長が活発な時期である子供の矯正は、顎の骨の成長を促したり、抑制したりすることで骨格を整えることができます。

子供の矯正の開始時期は早ければ早いほど良い訳ではなく、咬み合わせの状態や歯列の発育に応じ、様々な治療装置を使い分け治療を行います。
矯正が必要かを判断することは難しく、矯正専門医による診断を受けてみなければ分かりません。 お子様の歯並びが気になる際は、お気軽にご相談ください。

部分矯正歯科治療

歯にフッ素塗布を行うことは虫歯予防に有効です。 歯科医院では高濃度のフッ素を塗布することができ、定期的に塗布することによって予防効果が向上します。 そして日々の歯磨きでは患者様1人1人あったフッ素入りの歯磨き粉やうがい薬を使用していただくことでさらに予防効果が向上します。

取り扱う矯正歯科装置

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は歯にぶらっケットという装置をつけ、そこへワイヤーを通して適切な力をかけ、少しずつ歯を移動させていく矯正治療です。 ブラケットを歯の表側につけて歯を動かす表側矯正は、幅広い症例に対応することが可能です。

ワイヤー矯正のメリット

  • 取り外しをしなくてよい
  • 適応できる症例の幅が広い
  • 細かな調整が可能

ワイヤー矯正のデメリット

  • 矯正装置が目立つ
  • 歯磨きがしにくい

マウスピース(インビザライン)歯科矯正装置

マウスピース矯正とは透明度の高い素材で作られたマウスピースを歯に装着することで、少しずつ歯を動かし矯正していく方法です。
マウスピース矯正はワイヤー矯正のように歯を大きく動かすのには向いていません。

マウスピース矯正のメリット

  • 金属のアレルギーの心配がない
  • 目立たず、他の人から気付かれにくい
  • 食事や歯磨きの際に取り外しが自由

マウスピース矯正のデメリット

  • 装着時間が長い
  • マウスピースのケアが必要
  • 適応できる症例に限界がある

裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正は歯の裏側に矯正装置を取り付ける方法です。
歯の裏側(舌側)に矯正装置をつけることで、歯の位置をコントロールします。見えない位置に取り付けるため、人目を気にせず矯正治療を行うことができます。

裏側矯正のメリット

  • 周囲に気付かれにくい
  • 矯正中の虫歯トラブルになりにくい
  • 舌癖防止になる

裏側矯正のデメリット

  • 通常矯正より費用がかかる
  • 治療期間が長くなることがある
  • 滑舌に影響がでることがある

治療可能な症例

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の隙間

交叉咬合

上の歯が下の歯の内側に入っている

ディープバイト(過蓋咬合)

噛んだ状態で下の歯が覆いかぶさる

反対咬合

下の歯が前に出ている

叢生

歯が重なり合ってでこぼこ

オープンバイト(開咬)

上下の歯が噛み合っていない

治療可能な症例

当院は矯正専門医がカウンセリング・診断を行い、治療計画をご提案させていただきます。 診断の際は、矯正歯科用のレントゲンであるセファロを用いて精密な検査を行います。無料の歯科矯正相談を実施しておりますので、ご不明点やお悩み、治療を検討中の方は医師までお気軽にご相談ください。

矯正歯科治療の流れ

01. 矯正相談(無料)

矯正相談
(無料)

02. 精密検査

精密検査

03. 治療期間

治療開始

04. メンテナンス

メンテナンス

05. 保定期間

保定期間

矯正歯科治療の期間

矯正歯科治療の期間 矯正歯科治療の期間

患者様の症状であったり、歯科矯正装置の装着によっても異なりますが、約3年半〜4年程度で治療が終わります。 その期間の中で、矯正装置を用いた治療は約1年半〜2年程度かかります。 矯正装置を用いた治療中は毎月ご来院いただき、矯正の進み具合や口内環境の状態をチェックします。

矯正装置を用いた治療が終わった後は、整えた歯並びの保定期間として、約2年程度リテーナーを用いて歯の位置を固定していきます。

診療メニュー

日々の暮らしをより健やかに

お電話でのご予約・ご相談はこちら

PHONE CALL TEL 048-444-6677

インターネット予約はこちら

ONLINE RESERVATION 診療予約

お急ぎの方はこちらから
蔵元歯科医院へお電話

24時間 WEB予約